Cafeテラス

01熱中症

熱中症で毎年5万人が救急搬送され、その40%は屋内で発生しています。
死亡者の80%65歳以上です。

以下の症状があれば、すぐに救急病院に連れて行きましょう。

  • 意識がはっきりしていない
  • 自分で水分が飲めない
  • 症状がよくならない

特に意識がはっきりしていない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。


<熱中症予防のポイント>
  • 部屋の温度をこまめにチェック。部屋に温度計を置く。
  • 室温28度を超えないようにエアコンや扇風機を使う。
  • のどが渇かなくても、こまめに水をのむ。
  • 外出時はからだを締め付けない涼しい服と日よけ。
  • 無理をせず、適度に休憩。
  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくり。

02自発的脱水症

自発的脱水症

脱水を防ぐために水をたくさん飲んだのに、汗がどんどん出て逆にだるくなり、脱水症になったことはありませんか?
大量の汗や下痢で体液が失われ、血液中のナトリウムの濃度が低下している状態で、水だけを飲んでいるとさらに体液中の濃度が薄くなるため、一定の濃度を保つように体が反応して尿や汗をさらに出してしまい脱水症になってしまいます。
これを自発的脱水症と呼んでいます。



脱水の予防には塩分と糖分を含んだ水分補給を

脱水、熱中症予防の水分補給は0.1~0.2%の食塩と4-8%糖質を含んだ水が推奨されています。
ブドウ糖はナトリウムと水を速やかに腸管から細胞に吸収する働きがあります。
補水液は1Lの水にティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖2-4個と、自宅でも簡単に作れます。

田園都市線「たまプラーザ」駅直結
診療科目 内科・肝臓内科 ※小児科の診療は行っていません
住所 〒225-8530  横浜市青葉区新石川2-1-15
たまプラーザ テラス リンクプラザ3階
電話番号 045-910-1170
受付
時間
9:45~
12:45
15:45~
19:15
休診日:火曜日・祝日
地図